エルワイス株式会社(以下、エルワイス)は、学校で学ぶ機会のない、生活に必要な知識を提供することを目的に2021年5月に設立しました。

設立のきっかけとなる課題認識、課題解決のための考え、そして実行組織としてのエルワイスの行動方針について書きます。

設立のきっかけとなる課題認識

日常生活のなかで突然訪れる生活上の問題の多くは学校で学ぶ機会がありません。

メンタルヘルスをはじめ法律、介護福祉、子育て、お金、学びかた、進路そしてキャリアなどの知識は、学校で体系的に学ぶ機会がほとんどないにも関わらず、社会に出ると直面する重要な課題になります。

これらの膨大な知識を、専門職の人がそれぞれの領域で学ぶことはあっても、専門職でない人が予防的に学習することは、時間的にも技術的にもむずかしいと感じます。

そのため、課題に直面しても「現状を受け止めきれない」「仕方がないのかもしれない」「自分だけに起きている特別なことではないだろうか」さらには「課題に直面していることに気づかない」と、解決の緒(いとぐち)につながる情報の収集や専門職の相談に結びつかず、対応がとれないまま、問題として残されていると考えます。

このように、 生活上直面するさまざまな問題に対する情報と適切な相談先に、必要なときに簡単にアクセスできるインフラストクチャ(インフラ:基盤)を供給していくことが重要だと考えました。

課題解決のための考え

上記の課題の認識から、エルワイスの使命は「学校で学ぶ機会のない、生活に必要な知識を正確に・簡単に・豊富に届けること」としました。

ユーザーの身近に起きる生活上の問題を、質問をたずねるように アプリケーションに問い合わせ、解決に必要な情報にアクセスでき、必要な相談先にたどり着けることが課題解決のための手立てだと考えました。

エルワイスは「学校で学ぶ機会のない、生活に必要な知識」を「せいかつの知恵」ととらえ、みずから知恵コンテンツを制作します。すでに世の中にある優れた知恵コンテンツとも連携し、正確で豊富な提供をめざします。

ユーザーが簡単に知恵コンテンツにアクセスできるよう、構造化した情報をデジタルデータとして供給するためのインフラストクチャづくり、すなわちソフトウェア開発を行います。
これがエルワイスの核となります。

なお、アプリケーションで必要な人すべてに情報が行き届き、すべての問題が解決するということは無いかもしれません。

アプリケーションが届きづらい人、課題に直面していることに気づかない人には、異なる手立てが必要になります。エルワイスは、アプリケーションだけでは解決できずに残る問題を次なる挑戦の領域ととらえ、解決のために思考し実行してまいります。

エルワイスの行動方針

上記課題解決のために、エルワイスは以下の方針に沿って行動します。

1.エルワイスは知恵コンテンツの楽しさ、確からしさ、新しさを追求します
2.エルワイスは使いやすく、安全で、安定して使えるソフトウェアを開発します
3.エルワイスは優れた知恵コンテンツを提供する著作者と連携し、著作者に敬意を払います
4.エルワイスは市場を世界全体ととらえ、グローバルの課題解決に努めます
5.エルワイスは提供する製品およびサービスをもって当社の考えを最大限に表現します

2021年6月10日 大安
エルワイス株式会社 発起人一同